めざせ素敵シニアライフ


by ミガル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんにちは。ミガルです。

植木鉢の古い土、捨て場がありません。

根が張ってギュウギュウになってきた鉢が何個かあるので
もう少し暖かくなったら一回り大きな鉢に植え替えるつもりです。

厄介なのは古い土の行き先なんですよ~。
我が家は集合住宅なので戸建てのように庭に捨てる!
ができません。

じゃあ、どこに捨てるの?ってことですよね・・
誰でも近くの公園の植え込みにでも捨てればって思いますよね。
でも、これは完全アウト!不法投棄は立派な法律違反です。

困るんだよね~うちの自治体は土や砂は回収してくれないし。

友達に聞いたら『回収してくれる業者さんがあるよ』だって。
スーパーの大袋を何個でいくらと見積もりしてくれるようです。

なんかビックリです!便利な世の中というか土まで業者さんに
頼まなきゃ捨てられないのかって話です。

今回は実家に持って行って植木の周りに捨ててきます。

花や緑は癒しだけど土の処分が思わぬネックとなっています。


e0360703_10575561.jpg

[PR]
by migaruni | 2017-03-31 18:46 | 日々の暮らし | Comments(2)

こんにちは。ミガルです。

『ティファニーのテーブルマナー』という本がとってもステキです。
あのティファニーが1969年に編纂した洒落たマナーブックです。

結婚した時から夫の本箱に並んでいたけど初めて手にとってみました。
読むといっても大人の絵本といったところです。

ティファニーは昔から銀食器も有名で
宝石を買ったお客様へ記念品として渡していたのがこの本。
今でいうノベルティグッズですね。


原書の初版はナント1961年。日本語版の初版は1969年。

我が家の本は1974年の日本語版第4版。(460円)
原書版から13年後だけど、それでも今から43年前ですよ~!

当時、夫は貧乏学生でナイフとフォークのお食事にはご縁がなかったはず。
なけなしの460円で夢を買ったのか?

日本語版は3回装幀が変わっていて我が家のは最初のデザイン。
ペンで描かれた文字とイラストがシンプルで、とてもあか抜けている。

本の内容は同じくペンで描かれたデザイン画のような挿し絵に
ユーモアたっぷりの解説で堅苦しいはずのマナー本が
楽しくサラッと読めてしまう。

日本語訳者が外務省出身でのちに宮内省職員になられた後藤いつおさん。
感想を寄せれているのが元国連大使の加瀬俊一さんと帝国ホテルの石丸一郎さん。
すご~い豪華な顔ぶれが本に一層華やかさを添えています。

『レディ』のためのお洒落で気品高いマナーブックなのでした。



e0360703_12045567.jpg


e0360703_14232472.jpg






e0360703_12054566.jpg



[PR]
by migaruni | 2017-03-28 17:26 | 読書 | Comments(3)
こんにちは。ミガルです。
劇団四季「ノートルダムの鐘」を観て来ました。

有名なお話ですけど
一応、簡単なあらすじを紹介しますね。

15世紀末のパリ、怪物の容姿ゆえノートルダムの鐘塔に
閉じ込められている鐘つきのカジモド。
カジモドはひょんなことから街に出てジプシーの踊り子
エスメラルダに恋心を抱きます。

一方、カジモドの伯父で聖職者のフロロー、大聖堂警備隊長のフィーバスの
二人もまたエスメラルダの魅力にとりつかれます。
4人の四角関係がもつれ合い、最悪の結末を迎えます。


ディズニー作品といっても、シリアスな大人向けの演目でして
高い歌唱力をもった方達のクワイア、アンサンブルの
パワフルな歌声が体中に響き渡って震えが止まりませんでした 泣

明るくて楽しいミュージカルが一番って思ってたけど、重い人間ドラマもあり?
と思い始めています。

四季の作品は1回の観劇だと細かい演出まで目が届かない・・
だから基本は2回観る。
次は来春の横浜公演。チケット取れるかなぁ~?・・あまりの人気にすでに弱気です・・




e0360703_09182059.jpg
 浜松町 四季劇場 「秋」
 



そしてお昼ごはん
世界貿易センタービルのお寿司屋さんに決まり!
これも大きなお楽しみ。

e0360703_08431169.png


[PR]
by migaruni | 2017-03-25 17:33 | 観劇  | Comments(2)

散歩 花を見て思う

こんにちは。ミガルです。

今日は天気がよくて買い物がてらに散歩してきました。
春ってこんなに花が咲いてたっけ?

少し前まで義父母のお世話で自分の時間なんてなかったからね~。
草木に目をとめる余裕なんてなかった。

今はきれいな花をみて「きれい」と感じられる。
花の香り、空の青さ、季節を感じ取るって

すごく幸せ。


e0360703_19314906.jpg


e0360703_19341221.jpg


e0360703_19350699.jpg


e0360703_19344854.jpg


e0360703_19343348.jpg

[PR]
by migaruni | 2017-03-22 20:53 | 日々の暮らし | Comments(6)

実家のお墓どうする?

こんにちは。ミガルです。

真っ白な木蓮の花が咲くころとなり
早くも春のお彼岸です。

自分たちの老後の前に大きな問題がありました!
実家のお墓どうしましょう?

私は二人姉妹。
二人とも嫁いでいて実家には母が一人で住んでおります。
ということは実家のお墓に入るのは母が最後の人となります。
ちなみにお寺の檀家です。

お墓は我が家からも妹の家からも車で30分ほどの所にあるので
私たち夫婦、妹夫婦が元気なうちはお墓参りも頻繁に行かれるし
管理もきちんとできます。
でも、そのあとは・・どうしたもんかなぁ~。

母は私たちの次は息子たちが、その後は土に返しても何でも好きなように
なんて言ってるけど、そんな簡単にはいかないでしょうよ。
だいたい息子たちだって、どこに住むかわからないんだし。

私と妹がそこそこの歳になったら、「永代供養」かなぁ~。
もちろんお寺さんに伺って決めることですけどね。

お墓は代々、受け継がれていくのがベストだけど少子化や結婚しない人
子供をもたない夫婦が多くなっているんだから、承継はますます難しくなっているよね。
家ごとに供養の方法も新しく考える時代になっているんだと痛感です。

私がお墓を選べるなら、絶対に樹木葬墓地に入りたい!!!
承継者の問題はないし、子供たちがお墓に縛られないもの。
(我が家には霊園墓地があるので樹木葬墓地には入れませんが・・)

友達も姉妹二人が多いので最近の話題はこればかり。ホントにどうしましょう?
母と妹と至急話し合わなきゃいけないなぁ~。
みなさん、どうされているのかしら?


e0360703_19283362.jpg


[PR]
by migaruni | 2017-03-18 23:23 | 老い支度 | Comments(4)

『LA LA LAND♪』

こんにちは。ミガルです。

昨日やっと時間ができたので観てきました。
「LA LA LAND」♪

感想は「もう一度観た~い」です。
楽曲と衣装がすばらしい!とくにジャズ好きな方は必見かな。

LA LA LAND
(Los Angelesの略語LAに由来していてロサンジェルス周辺の意と
おとぎの国の意があるようです。)
 

女優を夢見ているミア(エマ・ ストーン)と自分のジャズバーを持ちたい
セバスチャン(ライアン・ ゴズリング)の二人がお互いの夢を追いかける恋愛映画。
これから観られる方のために詳しいあらすじは書きません。

ミュージカル映画って言われてるけど、それほどミュージカル色は強くなくて
楽曲とライアン・ゴズリングのピアノが素敵です。

さらに名画へのオマージュが散りばめられているので探すのが楽しい。
「雨に唄えば」 「ウエストサイドストリー」などなど。

あとは衣装。特に前半、ハリウッド黄金時代を彷彿させるミアの衣装は
レトロでとってもオシャレですよ~。

ストリー的にはオープニングとラストシーンの盛り上がりが
すごかっただけに中盤がちょっと単調で残念かな・・

久しぶりにまた観たい映画に出会えました♪

e0360703_16382743.png

ポスターから画像お借りしました。
パンフレット買いたかったのですがモノは増やしたくないので我慢(泣)


[PR]
by migaruni | 2017-03-11 16:45 | 映画 | Comments(1)

蚊帳生地ふきん

こんにちは。ミガルです。

台所で使うふきんがクタクタになってきたので買い足しました。

ふきん類は吸水性と速乾性に優れている蚊帳生地の物を愛用しています。

「台ふきん」「花ふきん」「ふきん」
それぞれ2枚ずつしか持っていないけど、すぐ乾くので十分です。

「台ふきん」
台ふきん用だけど、汚れやすい台ふきんにするのは勿体ないので
洗った食器の上や台所に置いてあるバスケットの上に掛けたりしています。
蚊帳生地の3枚重ね。ループ付きなのでフックに吊るせて便利です。色はアヤメ。


e0360703_06261822.jpg


e0360703_21120791.jpg




「花ふきん」
2008年グッドデザイン賞金賞受賞の優れものです。

食器を拭くのに使用。大判なので他にもお弁当箱を包んだり、すし桶にかけたり
とにかく1枚あると色々使えます。蚊帳生地の2枚重ね。色はさくら。

e0360703_21122653.jpg

                                                                                                          
この白い「ふきん」を台ふきんとして使っています。
下ろしたてはテーブルを拭いても水気が少し残るけど
1週間も使っていれば大丈夫!
何と言っても蚊帳生地の8枚重ね。丈夫で長持ちです。


e0360703_21114929.jpg



クタクタになったふきんは小さく切って四方をかがり
大切にしている器の下に敷いてみるつもり。
出し入れの時の「カチャ」という音が苦手です。

花ふきんは「さくら」「菜の花」「すみれ」といった春の色が揃っていて
今の季節、ちょっとした「ご挨拶」や「内祝い」にも重宝しています。




[PR]
by migaruni | 2017-03-04 15:08 | 日々の暮らし | Comments(8)

旧柳下邸の雛まつり

こんにちは。ミガルです。

「旧柳下邸の雛まつり」に行って来ました。

横浜市磯子区のJR根岸駅近く、根岸なつかし公園中にある「旧柳下邸」
ここでは「旧柳下邸の雛まつり」が開催中です。

大正から昭和初期、中期を中心に柳下家所蔵のお雛様、横浜市内から寄贈された
物がお座敷に並び間近で見られるようになっています。

お雛様も段飾りに御殿飾、衣装やお道具も時代や地域によって様々です。

建物は東館、西館の日本家屋に2階建ての洋館、蔵から構成されている和洋折衷。
明治の初め横浜で有数の「銅鉄引取商」だった柳下家の
暮らしも垣間見ることができます。

ちなみに、近くにはユーミン(荒井由実時代)の曲「海を見ていた午後」の
歌詞に登場するレストラン”山手のドルフィン”があります。





e0360703_21160348.jpg



e0360703_21154668.jpg


[PR]
by migaruni | 2017-03-03 06:00 | 日々の暮らし | Comments(2)

カレンダーをめくったら

こんにちは。ミガルです。

いよいよ3月始動。

早速カレンダーをめくる。

カレンダーは世界の風景写真。
「死ぬまでに行ってみたい・・」な世界が広がって毎月のお楽しみ。

そして、めくられた2月のカレンダーは次のお仕事へ。
このカレンダーを台所のシンクの引き出しに敷いて汚れを防止しています。

引き出しは全部で4段、1か月に1段。数カ月に1度順番が回ってきます。

カレンダーをめくった時・・というのが忘れずに交換と掃除ができて好都合なのです。

数カ月に1回しか掃除しないの!とビックリされちゃいますかね・・
家族も少なくなり作る量も引き出しを開ける回数も減ったので良しとします。


e0360703_16274200.jpg



[PR]
by migaruni | 2017-03-01 21:13 | 日々の暮らし | Comments(2)