めざせ素敵シニアライフ


by ミガル
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:老い支度( 7 )

小さな家

住み替えやリフォームって考えてますか~?

これから夫婦で長い時間を過ごすんだから
それぞれの希望を取り入れた快適な住まいで暮らしたいです。
大した予算もないのに夢ばっかり膨らんでます(笑)

そんな夢を実現してくれそうな本に出会いました。
ズバリ『小さな家』
コンパクトな家に住み替えたり
リフォームを検討中している方にはピッタリな1冊と思います。

登場するのは戸建てばかりだけど
リフォームや家具選びは集合住宅の方でも充分参考になるんじゃないかな。

作り手と住み手がこだわった14軒の『小さな家』カッコいいです。





e0360703_06443775.jpg

『小さな家』 
発行はエクスナレッジさん




e0360703_19012073.jpg


お料理上手なデコポンさんのブログ『デコポンのきもち』から
「魚肉ソーセージのポテサラ」真似っこさせていただいました♪

ハムやカリカリベーコンのポテサラが軟弱に思えてきます・・・
お魚の味がして(当たり前!)存在感抜群のプリプリ食感がおいしかったです。




[PR]
by migaruni | 2018-03-09 21:08 | 老い支度 | Comments(2)

よい運気を呼び込もう!

年末、家中スッキリしたのに
なんとな~く散らかり始めました。
とくに紙類。

時間に少し余裕ができたので気になっていた
保険、銀行、年金、その他諸々の書類を大処分。
必要なモノは家族のだれが見てもわかるようにファイリングしました。

古い紙が家の中にあると運気が下がると聞いたことがあります。

今までも不要な紙類を捨てて必要なモノを見やすく整理したら
「あっ!良い事があった」ということがありました。

書類が見やすいだけでなく、明るい未来が見えるというか・・・

『今年も良い年になるように』と願うだけでなく
良い年になるようなアクションおこすことが大切なのかな~と思います。



e0360703_15491029.jpg

書類の枚数が多い項目はジッパー付きの袋の中へ。
これは一部です。



e0360703_15493174.png

保険の袋の中は、さらに夫、私、車などに分けて小さな透明袋に入れています。
子供たちの保険は社会人になった時から本人の管理で~す。




[PR]
by migaruni | 2018-01-31 16:21 | 老い支度 | Comments(2)

実家のお墓どうする?

こんにちは。ミガルです。

真っ白な木蓮の花が咲くころとなり
早くも春のお彼岸です。

自分たちの老後の前に大きな問題がありました!
実家のお墓どうしましょう?

私は二人姉妹。
二人とも嫁いでいて実家には母が一人で住んでおります。
ということは実家のお墓に入るのは母が最後の人となります。
ちなみにお寺の檀家です。

お墓は我が家からも妹の家からも車で30分ほどの所にあるので
私たち夫婦、妹夫婦が元気なうちはお墓参りも頻繁に行かれるし
管理もきちんとできます。
でも、そのあとは・・どうしたもんかなぁ~。

母は私たちの次は息子たちが、その後は土に返しても何でも好きなように
なんて言ってるけど、そんな簡単にはいかないでしょうよ。
だいたい息子たちだって、どこに住むかわからないんだし。

私と妹がそこそこの歳になったら、「永代供養」かなぁ~。
もちろんお寺さんに伺って決めることですけどね。

お墓は代々、受け継がれていくのがベストだけど少子化や結婚しない人
子供をもたない夫婦が多くなっているんだから、承継はますます難しくなっているよね。
家ごとに供養の方法も新しく考える時代になっているんだと痛感です。

私がお墓を選べるなら、絶対に樹木葬墓地に入りたい!!!
承継者の問題はないし、子供たちがお墓に縛られないもの。
(我が家には霊園墓地があるので樹木葬墓地には入れませんが・・)

友達も姉妹二人が多いので最近の話題はこればかり。ホントにどうしましょう?
母と妹と至急話し合わなきゃいけないなぁ~。
みなさん、どうされているのかしら?


e0360703_19283362.jpg


[PR]
by migaruni | 2017-03-18 23:23 | 老い支度 | Comments(4)

老後を考える その2

こんにちは。ミガルです。

老後を考えるの続きです。

老後後半の始まりは介護認定を受けるような状態になった時だ。
活動範囲は狭くなりほぼ自宅で過ごすことになるだろう。

通院も頻繁になり入院するかもしれない。
理解力、思考力も低下して耳も遠くなり医者の説明も理解できない。
『説明はご家族の方と一緒に』と言われることになる。

足元もおぼつかない。
外出はもちろん日常生活だって誰かのお世話になる。

誰かのお世話になるのなら、感謝を言葉で伝えることが大切だ。

感謝の言葉と笑顔、清潔な衣類を身に着け小ぎれいにしておくこと。
それが、まわりの方に好印象をもっていただき、自分が幸せに暮らすコツだと思う。

1日でも長く人間らしく生きていたいけど「誰かのお世話になる」老後じゃ

短い方が幸せかな。


e0360703_06301542.jpg






[PR]
by migaruni | 2017-02-24 09:01 | 老い支度 | Comments(4)

老後を考える その1

こんにちは。ミガルです。

漠然と老後を考えてみました。

幸せな老後には「お金」「健康」「趣味」この3つを早くから
準備しておくことが大切らしいです。

なかなか頭が痛い話しですが「健康」が一番大切ですよね。
そんな訳で老後を前半と後半に分けて考えてみました。

前半:まだまだ元気で活動範囲が広い。外出や旅行にも出かけられる。
後半:活動の範囲が狭くなり、家で過ごす時間が多くなる。
こんな感じでしょうか。

前半の始まりは夫が仕事をリタイアした時です。
自営業ですが東京まで通勤しています。

通勤がしんどくなった時イコール、リタイアです。

その時に私が仕事を続けていても僅かな収入なので
基本は夫の年金で生活ということになります。

生活費には蓄えを切り崩したくないです。日々節約を心掛ける。

夫には地元で必要とされる仕事があれば働いてもらいたい。
贅沢だけど趣味と実益を兼ねる仕事ができれば万々歳だ。

社会に必要とされていれば生活にハリもあるし
年金以外に収入があれば気持ちにも経済的にも余裕が生まれる。

趣味の観劇や旅行はいかがなものか。
回数を減らして可能な限り出かけたい。

地域コミニティにも参加して人との関わりを大切にしたい。
特に男性は付き合いが苦手で家にこもりがち。
積極的に参加してもらいたい!

テレビ、新聞、読書じゃ認知症になっちゃう。
人と交流しなくてはね。

老後前半は体力的に自由に活動できる。
お金をかけなくても、楽しみは見つけられるだろう。

「自分でなんでも出来る」この期間が長いほど幸せな老後といえよう。
夫婦でいたわり合いながら1日でも長く暮らしたい。


e0360703_21271676.jpg



[PR]
by migaruni | 2017-02-23 05:07 | 老い支度 | Comments(0)

老前整理 アルバム

こんにちは。 ミガルです。

最強寒波に包まれて大荒れの日本列島。
こんな日は鍋をコトコトかけて、家しごとに精を出すしかありません。

前々から手をつけていた写真の整理がやっと終わりました。

思えば義父母の遺品整理で何十冊ものアルバムの整理が一番体力を使って
心傷んだ片付けでした。
結局、目を通して思い出に少しずつ親族で分け残りは処分しました。

義父母には申し訳ないけれど今の都会の住宅事情を考えれば致し方
ないことと納得しての処分です。

今回ミガルが整理したのは写真屋さんに現像をお願いしていた時代の写真です。

子どもたちの写真の整理

子供たちの写真は貼るタイプのアルバムからはがしてポケット式のアルバムに移しました。
(このアルバムは数年前に購入したものです。)


e0360703_18375302.jpg

e0360703_18372345.jpg


同じような写真やボケている写真がかなりあったので選別しました。
1冊360枚収納可能なので、一人に3冊。1,000枚ほどの写真を収納できます。


今までのアルバムはお祝いで頂いたり、都度買っていたので並べてもゴチャゴチャで、
ストレスになってました。
新しいアルバムは統一感があって見た目がとても良いです。

集合写真はポケットに入らないので透明のチャック袋にまとめました。

3冊のアルバムと幼小中高の卒業アルバム、行事ごとの集合写真
写真館で撮影した記念写真、
小さい頃に描いた絵のファイル1冊(A4サイズのクリアーファィル40ポケット)をまとめて大きな収納ケースに入れました。

高校卒業のころから現在までの写真はそれぞれがデータとして持っていると思います。


ミガル夫婦の写真

こちらも全てアルバムからはがして、だいたいの時系列ごとにそのまま蓋つきのケースにいれました。



e0360703_18381796.jpg


アルバムって今でも重いから高齢になったら持てませんよね。

ケースに入れたバラバラの写真なら1枚1枚手に取って昔を懐かしむこともできるかと。
夫婦の写真の中にはもちろん、焼き増しした子供たちの写真も入っています。

写真の上手なはがし方

古い写真をアルバムから上手にはがすには角をカッターの先で少しめくって、写真とアルバムの間にドライヤーで熱風を少しずつ当てると糊がとけて面白いようにはがれます。

はがしただけではクルンクルンしている写真も重い物を乗せてしばらく置くとキレイに元通りになります。


今回、処分したアルバムはナント12冊!押入れの中がスッキリしました。


[PR]
by migaruni | 2017-01-25 18:58 | 老い支度 | Comments(0)

老前整理はじめます

こんにちは。ミガルです。

寒波に包まれた日本列島。
毎日ホント寒いです。

気が付けば1月も後半になってしまいました・・
「しあわせなシンプルライフ」を目指してブログを始めたんですよね。
そろそろ動きださなくてはいけません。

私が生活をシンプルにしょうと思ったのは義父母を送った経験からなのです。


夫の実家は部屋数のある一軒家。各部屋には大型収納。納戸や物置もあって
何十年も前の服や食器、ありとあらゆるものがギッシリ収納されていました。

戦前、戦後を精一杯生きてきた義父母はひたすら豊かさを追い求めてきたのでしょう。
そんな義父母は亡くなる少し前、ホームに入りました。

ホームには限りある収納スペースしかありません。
外出着と室内着、それと少しの身の回りの物しか持っていかれませんでした。

50代の私がホーム入居考えるのは、あまりにも早いけど
それでも最後にホームに持って行くモノが
「自分にとって本当に必要なモノ」と考えています。
まぁ、その時に取捨選択できる能力が残っていたらの話ですが。

それなら、気力、体力、そして一番大事な判断能力のあるうちに始めたほうが
自分のイメージするシニアライフが送れますよね。

私にとって老前整理は残された子供たちに迷惑や負担をかけたくないというのが
第一の目的です。

それと同時にきちんと整理して子供たちに伝えるべきことを伝えておけば
老後の不安から解放されて晴れ晴れとした気分でシニアライフが送れる。
というのが第二の目的です。

急がず少しずつ始めてみます。



e0360703_21344035.jpg
             真っ青な寒空に梅の花が満開です













[PR]
by migaruni | 2017-01-22 08:38 | 老い支度 | Comments(0)